【リモートワークを癒しに】アロマを使って仕事に快適な空間を演出する

【リモートワークを癒しに】アロマを使って仕事に快適な空間を演出する仕事の環境を整える

アロマを自宅に!香りで仕事に快適な空間だって演出できる!

黙々と作業を続けていると肩も凝りますね。

せっかくのリモートであっても
十分にリラックスしているわけではない証拠です。

リモート会議があるなら部屋もきれいにしておきたいし
休日のようにパジャマでいるわけにもいかない。

女性ならメイクだって欠かせない。
出かけるほどではないけれど、それなりに大変です。

カメラのない日は明らかにラクですもんね。

だったらリモートワークでしかできない
リラックスアイテムを試してみませんか?

 

アロマをうまく使おう!香りは脳に直接効果を与える

アロマをうまく使おう!香りは脳に直接効果を与える

五感と呼ばれる感覚のうち
もっとも本能的に働くのは何でしょう?

答えは「嗅覚」です。
実は情報を伝達する脳内のルートが特別なのです。

 

嗅覚以外:嗅神経⇒大脳新皮質⇒大脳辺縁系
嗅覚  :嗅神経⇒ ⇒ ⇒ ⇒大脳辺縁系

大脳辺縁系とは「本能・情動・記憶」の中枢で古い脳と呼ばれます。
大脳新皮質は進化の過程で新たに獲得したもので「知性」を担当します。

簡単に表現すると
「嗅覚はダイレクトに大脳に到達!」するのです。

つまり思考や、理性というフィルターを通らずに
直接人間の記憶や情動に働きかけるということを意味します。

うまく使えばリラックスしたり
集中力を高めたり・・

職場じゃさすがに使えませんが
リモートワークだったら遠慮なく使えます。

 

香りの種類を変えて効果をうまく引き出そう!

香りの種類を変えて効果をうまく引き出そう!

例えば森の香りを想像してみて下さい。

ん~!気持ちいい~!

思わず深呼吸しちゃう・・

こんなふうに特定の気分と結び付いた
『香り』ってあるのです。

効果を実感しよう!昔から利用されてきたアロマ

もし清涼感を味わいたいなら・・

ふさわしい香りを用意することで
思い出すこともできるはず。

香りで記憶や感情が浮かんでくる現象は
『プルースト効果』と呼ばれています
※記憶中枢である海馬を刺激するためらしい

フランスなどでは16世紀ごろには
職業として調香師が確立していたそうです。

日本でも平安時代にはお香の文化が広まっていました。
香りの効果はもっと認識されてもいいですよね。

こんなときはこの香り!香りを用途別に分類!

あくまで参考例ですが、アロマを使う場面ごとに
ピックアップしてみました。

集中したいとき

レモン、レモングラス、ペパーミント、ユーカリ、ローズマリー

リラックスしたいとき

ラベンダー、イランイラン、ローズ

よく眠りたいとき

ラベンダー、ネロリ、カモミール、オレンジ・スイート

 

アロマを選ぶなら専門店で

アロマを選ぶなら専門店で

香りを使う場面を想像すると
オイルを1滴2滴とたらすイメージがありますね。

このオイルには大きく次の2種類があります。
・エッセンシャルオイル(精油)
・アロマオイル

100%天然素材で抽出したものがエッセンシャルオイルで
それ以外のものをアロマオイルと呼びます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

エッセンシャルオイルは
専門家が調合して使うイメージがあります。

アロマセラピーとかアロママッサージとかですね。
希少な成分であれば値段も高価です。

一方アロマオイルは
人工物が入っていることもあるので
皮膚には直接つけないのだとか。

ある程度知識が増えるまでは
専門サイトなどよく読んで選びましょう。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

おすすめはこちらです。
アロマセラピー商品の通信販売を
日本で最初に始めた会社です。
↓↓↓

>> おうち時間をアロマで快適に【フレーバーライフ】

アロマのプロも使っている専門商社です。
ラインナップも豊富なので、見ているだけでも楽しい。

天然植物にこだわりがあります。

それでいて良質な精油が安く手に入るので
普段使いにもちょうどいい!

baseシリーズは初心者向け。
マスクスプレーなんてまさに今どきの商品ですね。

>> マスク生活を快適にするスプレー【フレーバーライフ】

どうせ仕事するなら気持ちよく!

タイトルとURLをコピーしました