動画学習を有効利用するコツを大公開!あなたは活用できてますか?

能力開発

動画によるインプットを効率的に行う方法

あなたは動画を
有効活用できていますか?

せっかく見るのですから
記憶にとどめて

そのノウハウを活用できたら
いいですよね。

そんなヒントをお伝えします。

 

動画を目にする機会が増えてます

YouTubeはお好きですか?

Facebookなどでも
見かける魅力的な広告。

どれも特典が用意されていて
最近は動画が
付いてくることが増えました。

休校中の学校も
動画配信や映像授業を提供するようです。

 

動画のメリット

書籍には抵抗感がある

分厚い参考書には
抵抗感を感じませんでしたか?

あの厚みにワクワクする・・?

残念ながら
そんな気持ちになったことは
一度もないです。
※マンガならともかく(^^;)

いつだって
「仕方なく」開いてましたよ。

 

動画への抵抗感は薄い

なぜか動画って
そういう負担を
感じさせないところがありますね。

話しながら
説明してくれているし

わからなければ
何度でも再生できる。

中には資料を画面いっぱいに
表示してくれるのもある。

気が利いたサービスなら
PDFで別途ダウンロードできたり。

 

動画のデメリット

でもね、全部見ないといけないんですよ。

すでに知っている内容でも
最後まで見ないかぎり

わからないところがあるかなんて
判断することは難しい。

本なら斜め読みもできるけど
動画はこれがやりにくい。

内容の頭出しが難しいのです。

 

頭に効率的にたたき込むなら

学校の授業でもそうですが
一度視聴しただけで
完全にマスターすることは難しいです。

理解させることが目標ですが
その前提は頭に記憶させることにあります。

アウトプットできるレベルまで
知識が定着すれば
当然理解もできています。

1回目の動画視聴のヒント

さすがに動画を1回見ただけでは
難しいですよね。

私はこのとき
テキストエディタを開いて

気付いたポイントを
時系列にひたすらメモしています。
※必要に応じて時々動画を止めたりもします

2回目の動画視聴のヒント

動画終了後にそのメモを見て
内容の説明ができるか考えてみるのです。

当然できないので
2回目を見ることになります。

このときメモがあるので
理解の浅いところまで
飛ばしてみることが可能です。

2回目だし、メモもあるので
このときは再生スピードを上げます。

私は1.5倍ぐらいが多いですが
内容により1.25~2.0倍の範囲ですね。

意図を持って見るため
かなり吸収力が上がっています。

3回目以降では

3回目を見るかは
自分の理解度しだいです。

見る場合には確認のつもりで
高速再生させます。

ここまでやると脳には
かなり濃い情報が伝達されています。

3回やれば十分でしょうか?

いいえ、でも翌日とか数日あけて
もう一度高速再生してみて下さい。

思ったよりも記憶が
保持されていることに驚くと思います。

最後に

できるならその間に
誰かに話すとか
ノートにまとめるとか

アウトプットをしておくと
記憶がさらに強化されます。

 

繰り返しインプットすると
重要な情報として
回路がより太くなる

 

記憶量は忘却曲線との戦いです。
繰り返し行うことがコツです。

動画はストレスを減らしながら
繰り返し使うのに便利なツールなのです。

 

能力開発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
dia's diary いいかも日記 
タイトルとURLをコピーしました