最高の贅沢は産直から!コロナ禍でも急成長の「食べチョク」の魅力とは?

最高の贅沢は産直から!コロナ禍でも急成長の「食べチョク」の魅力とは?家族も喜ぶ

最高の贅沢は産直から!コロナ禍でも急成長の「食べチョク」の魅力とは?

毎日を楽しんでいますか?

鬱屈とした暗い気分では
だんだんと元気もなくなります。

気分を良くすることは非常に重要です。
ちょっとだけ生活の質を上げると
気分にも影響しますよ!

復活のヒントをお届けします。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

コロナ禍では
「楽しみに行くな」「食べに行くな」
というメッセージにあふれていますが

それじゃ落ち込んだ気分を
解消する方法まで奪われてしまう!

この記事を読み終わる頃には
とっておきの解消法が見つかりますよ。

ヒントはテレビ番組の
「鉄腕ダッシュ!」にありました。

 

なぜ感染リスクがあっても外出をやめないのか?

なぜ感染リスクがあっても外出をやめないのか?

国などの呼びかけに関わらず
人の動きは次第に活発化しています。

この理由はひとことで表現すれば
「自粛に疲れたから」です。

『気候もいいし、天気も申し分ない。
だったら行っちゃおうか?』

GW中の高速道路では
長い渋滞の列ができていましたが
そういう気分の方が多数を占めたはずです。

ダメって言われると余計にしたくなる!

・出かけるな
・遊ぶな
・食べに行くな

こうしたものを気分転換の方法だと考えている人は
奪われた途端に大きなストレスを感じます。

でももう限界に達しているのでしょう。
ダメって言われるほど欲しくなる。

たとえ感染力が上がったウイルスが
あちこちで蔓延してると聞いても
気分を変えたくて仕方がない。

だから多少後ろめたい気持ちがあっても
玄関を後にしてしまうのです。

ガマンは限界!自分をどう楽しませるか?

「国の対策が効きそうにないから」

インタビューでこのように話す
一般の方のコメントを何度となく見ました。

なにかおかしい。効くかどうかの有効性と
この方の行動にどんな関係があるの?

つまり周囲もゆるんできているから
「自分もガマンしなくていいよね」

この発言は自分への免罪符・言い訳であり
※なっているかどうかは別として
動機は「気分を変えたい」だけ
・・だと思うのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「だらしない!」「自分勝手だ!」と
批判することは簡単ですが

それくらい追い詰められているという
証拠でもあります。

いままでガマンしてきたのは
事実でしょうから。

 

自分をどう楽しませるか?このスキルを上げよう

自分をどう楽しませるか?このスキルを上げよう

「衣食住さえ満たせれば問題ない」

これは明らかにNoだと思います。

充実感を味わいたい、もっと楽しみたいというのは
誰もが自然に持っている気持ちです。

この素直な気持ちをストップさせるような
負荷のかかった状態が2020年以来の状況なのです。

だったら楽しみ方を
変えればいいと思いませんか?

そのバリエーションを増やすことにより
気分転換を図るツールを手に入れることができます。

衣食住をグレードアップする経験は幸福感を高める

身の丈にあった生活レベルを
維持することは非常に大事です。

しかし、たまにそれを超える経験をすると
「こんな素晴らしいものがあったのか!」

その体験に深く感動するはずです。

休暇が続けば旅行に行きたくなるのも
・そういうプチ贅沢をしたり
・見たことのない景色を見たり
・地元では食べられない料理を食べたり
つまり、「普段と違うこと」がしたいから。

これが気分転換になるわけです。
だったら日常生活に一部だけでも持ち込めないか
考えてみたらいい。

衣・住中心だとモノを増やしてしまうリスク

気分転換にショッピングを楽しむ人も多いですが
自宅には確実にモノが増えていきます。

いずれスペース的にも限界が来ますから
無尽蔵に続けるわけにもいかない。

飽きたら捨てるということにも
多少の罪悪感を伴います。

これだって長期的にみれば
ストレスを抱えることになるのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

その点、「食」はリスクが少ないのが特徴です。

大食い体質のような特殊な人もいますが
たいていの方の食事の量はそう大きくは変わりません。

食べる量しか購入しなければいいだけです。
もし傷んでしまったら捨てるしかない。

となれば
「どこから食材を調達するのか」
ここだけの問題です。

調達先にバリエーションを加えただけで
幸福感を味わうことが可能なのです。

最高級のお肉をもらって
歓声をあげて食べたことないですか?

食事をしているときこそ
一番リラックスしているタイミング。

だったら気分転換の方法の1つに
食事の幅を広げる工夫をしてみましょう。

 

「鉄腕ダッシュ」をみるとわかる!食材+ストーリーの魅力とは

「鉄腕ダッシュ」をみるとわかる!食材+ストーリーの魅力とは

TOKIOの出演する「鉄腕DASH」(日テレ)
という番組を家族でよく見ています。

プロセスを語るストーリーは面白くて
惹きつけられるものがありますね。

米を作るのでも、廃屋を改築するのも
廃棄食材を使った料理だって。

TOKIOのみならず
登場する人物の素朴さや人のよさ。

なんともいえない魅力があります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

どんな人がどんなふうに作っているか
という面にフォーカスを当てると

スーパーに並んでいる食材ですら
魅力あるアイテムに
変身するのかもしれません。

食材に人がからめば
長年の「好き嫌い」すら変わります。

野菜が苦手だった子どもが
自分でベランダで育てたピーマンだけは

「おいしい!おいしい!」
と満面の笑みで食べてみせるように。

思い入れのあるものを食べるってことは
それだけ特別な体験なのです。

 

特別な「食」を体験したいならストーリーを探そう

特別な「食」を体験したいならストーリーを探そう

豪華なレストランでの高級料理、
つまり長年修行したプロの腕前を
堪能するのもよいですが

食材の生産者の笑顔を思い浮かべながら
食べる料理もまた格別です。

どちらがいいというものではなく
それぞれに魅力があります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

問題は今までは知る方法がなかった
ということ。

レストランならガイドブックは
本屋さんにいくらでもありますが

食材になると種類がありすぎて
こだわって調べてなんかいられない。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そこで見つけた
とっておきのサービスがあります。

それが『食べチョク』です。

産地と自宅を直接つなぐ
「産直」(産地直送)の仕組みを提供していて
トップシェアを誇ります。

全国4000軒オーバーの農家さんなどとリンク。

この手のサービスは参加されている
生産者さんが多いほど使い勝手が上がります。

リンク先から豊富な食材の数々をぜひ見て下さい。

◆食べチョク
https://www.tabechoku.com/ (食べチョク公式サイト)

注文後に収穫してすぐ送ってくれるので
鮮度は抜群です。

そのうえ、
「おすすめの食べ方」まで教えてくれたり。

農作物だけではなくて
魚や肉、お酒など多岐にわたります。

そっか、漁師さんもメンバーなんだ

旬のものや市場に出ないものだって
手に入れることができるようです。

これってやはり特別な体験じゃないのかな?

最近メディアでも取り上げられる機会が
増えてきたようです。
↓↓↓

 

アフターコロナでも残る魅力のサービスを体験しよう!

アフターコロナでも残る魅力のサービスを体験しよう!

コロナと共存する世界では
人と人との交流をできるだけ減少させるのが
感染を拡大させない唯一の方法でした。

ワクチンの効果も徐々に明らかになっていますが
ウイルスは変異を起こす存在なので
いつまでも効くとは限りません。

インフルエンザのように
毎年接種を受けることになる公算が強いです。

人流を増やさない産直サービス

産直サービスなら交流は最小限で済みます。
流通段階には卸(おろし)すら存在しないからです。

しかも高品質のものが手に入るのですから
その魅力は大きいものがあります。

これからさらにサービスが
拡大する可能性がありますね。

需要と供給のバランスがありますから
人気の生産者さんは「売り切れ続出!」
なんてことになるのかも。

早めにサービス利用ができるように
しておいた方がいいと思います。

私個人としては複数種類の野菜を詰めた
パック商品がおすすめです。

産直サービスは農業の未来を変える応援になる!

こうした産直の生産者さんたちは
アフターコロナにも生き残る可能性は高いです。

「三ちゃん農業」って言葉があったように
農業の高齢化が叫ばれるようになって
久しいですが

マーケットを意識して、従来の流通経路から
飛び出してきた生産者さんたち。

おそらく優れた経営感覚の持ち主だと思います。

「付加価値をつければ高く売れる!」
これ、真っ当な経営感覚だと思うのですね。

とにかく安く調達したいというときには
日落ちした野菜を近所のスーパーで買うこともできます。

でもこだわりの野菜なら
手塩をかけて育ててくれる(親戚のような)
生産者さんから買いたいと思うのですよ。

それが農業の未来を変えると思っています。

どうせなら、やる気のある生産者さんを応援したいですね。
今の時代、農協への依存だけじゃダメでしょ・・。

あなたや私の選択が
日本の農業のスタイルを変えるかもしれない。

月に何回かの注文で構わないのだから
この応援はきっと楽しい経験になるはずです。

トップシェアの産直サービスである
「食べチョク」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました